トップページ植物につかうEMシリーズボカシ、資材など > 【送料込】EMボカシⅡ型 <10kg> 微生物 土壌改良材 ※沖縄、一部離島を除く(税込) 【58025】

 EMボカシとは   

EMで有機物(米ヌカ・油カス・魚カスなど)を発酵させた資材で、
いわゆる一般でいう「ボカシ肥」と同じようなものですが、
嫌気状態で作製するのが特徴です。
メリットとしては、EMボカシの製造発酵過程でEMを増殖させ、
その密度を高めます。
土に入れてからもEMを増殖させるための
エサ(基質)としての役割を果たします。
この資材の活用はEMの増殖と定着を促進させるのが
主な目的ですが、作物への養分供給にもなります。
さらに、EMボカシを水に浸し抽出させた、
『浸出液』を利用したり、
生ごみや収穫残渣などをボカシと一緒に
発酵させる方法もあります。
また、ボカシを必要以上に多量に使うと、
土壌の富栄養化が起こり、病虫害をうけやすくなる場合もあります。
土壌の栄養状態がよすぎる場合は、EM活性液をふんだんに利用してください。

 

58025

【送料込】EMボカシⅡ型 <10kg> 微生物 土壌改良材 ※沖縄、一部離島を除く(税込) 【58025】

米ぬか、大豆カスなどを善玉菌で発酵させたものです。善玉菌などがつくったアミノ酸などの有効成分が、野菜のおいしさをUPします。

値段
3,780
<本体:3,500円>
数量

【※ こちらの商品には送料が含まれております。カートに入れた際に、システムの都合上送料800円が加算されてしまいますが、送料は当社負担とし、品物のみの代金でご請求いたします。(送料について

【 製品詳細 】     

使用原料

米ヌカ、大豆カス、草堆肥、EM1、糖蜜

参考値

N(窒素):4.69 (%)

P(リン酸):1.45(%)

K(カリウム):1.74(%)

 

【 使い方 】     
em,ボカシ,使い方

■詳しい「EMボカシⅡ型」の使用法は、こちら↑をご覧ください。(イラストをクリック)


1) 施用

作物や地力によって100〜300kg/10a程度を目安に施用します。
※ EMボカシだけでは土づくりはできません。
土づくりは、土を柔らかく保ち、養分を保持する能力のある腐植を蓄積することが必須条件となります。
この腐植は緑肥や堆肥、作物残渣(稲ワラなど)などの粗大有機物を投入することによって蓄積することができます。
EMボカシだけを投入しても腐植は蓄積されません。
また、粗大有機物やEMボカシは、できる限り表層施用することが望ましいです。 


2) EMボカシ浸出液

畦にビニールマルチなどをかけた場合などは、
EMボカシを追肥的に施用できないので、『EMボカシ浸出液』を作製し、
EM希釈液と同じように液状にしてかん水チューブなどでかん水と一緒に施用します。
ただし、『EMボカシ浸出液』の作製には必ず良質なEMボカシを使用してください。
『EMボカシ浸出液』の作り方は、
EMボカシを目の細かいネット袋(女性用ストッキングなど)に入れ、
それを水に3〜6時間程度浸し、そのエキスと微生物を抽出します。
水とEMボカシの容積比は、1:100(例えば、「EMボカシ=1L」に対して「水= 100L」) が目安です。
この浸出液は保存ができません。
1〜2日以内に使い切ってください。
※ 作製時にEMボカシと同量のEM活性液を入れるとさらに良質の「EMボカシ浸出液」が作れます。
なお、この浸出液はEMボカシより速効性が高い養分供給資材です。

浸出し終えたEMボカシの残渣は、圃場に施用するなど有効に活用してください。
ボカシ1Lを100Lの水で浸出させた浸出液の養分(ボカシの水分を30%とした場合)の目安は、
材料や発酵状態により変わりますが、ボカシの窒素含量の2割程度としてください。

 

ご購入はこちら